【脱サラ 基準】会社員を辞めるタイミングについて【副業を本業にする】

脱サラの基準

本日は 【脱サラ 基準】副業を本業にする会社員を辞めるタイミングについて 話します。

今は大副業時代なんで、

ゆくゆくはフリーランスや会社を作って起業したいと考えている人はかなり多いと思います。

そして今回は

「副業で月いくら稼げたら独立して本業にしてもいいのか」

この疑問に大きくフォーカスして話していきます。

副業で稼げてる人も、まだ始めたばかりな人も

この記事を読んで基準をしっておくと目標やビジョンが見えるので最後までみてください。

それでは話していきます。

こちらの記事は動画でも視聴できます。

ラジオ代わりや作業用BGMとして利用しても構いません。

スポンサーリンク

月収いくらで脱サラ(独立)すればいい?

独立

いろんな人の意見を聞いた感じ、

ざっくりとした「これくらい稼げたらいっか」くらいの感覚で、

「20万、30万…サラリーマンの収入超えたら…」と答える人が多いかなって思います。

そしてざっくりとした考えでは独立は甘いです。

いきなり結論を話すと、

「自分が普通に生きていくのに必要な金額の3~4倍くらい+半年継続」かなと思います。

月20万円必要な人であれば月80万円くらい利益があれば多少余裕が出るくらいだと思います。

そんなに必要なの!?って思う方が多いかもしれません。

もちろん業種や仕事の安定性にもよります。

僕が一番意識した方がいいと思っているのはキャッシュフローです。

自分の業種のお金の流れを把握してください。

基本的にはお金がキャッシュアウトしてしまった時が事業の終わりです。

キャッシュフローの簡単な例えをすると、

美容師さんの独立

初めの設備投資に大きくお金がかかります。

そして次にお客様を引き付けるための広告費や運転資金がいります。

もちろん自分の生活費も必要なので、それを除いて考えなければいけません。

ネットショップの独立

在庫商売なので一定の資金が必要です。

100万円分を仕入れて、150万円で売って利益が50万円です。

(簡単に計算してますが、実際は手数料や送料などももちろんかかります)

事業をデカくしようとしたらこの利益50万円の中からさらに仕入れて売ることになります。

もちろん自分の生活費も必要なので、それも含めて考えなければいけません。

このようにして事業を継続させるためのお金の流れというのが重要になってきます。

本業の収入があることで、上手く機能できてるだけでは独立はできないということです。

ちなみに月収だけで判断して、いきなり会社を辞めてしまうのは非常にリスクが高いです。

なのでここからは脱サラするなら準備しておくべきことを話していきます。

まだ独立しないよ!って人も

大事なポイントなのでまだ気を抜かずに頭の片隅にでも入れておいてください。

脱サラするなら準備しておくべきこと3つ

準備

先ほども言いましたが、

月収だけで判断して、いきなり会社を辞めてしまうのは非常にリスクが高いです。

脱サラ前にはそれ相応の準備が必要になります。

脱サラについて情報収集

どんなことをする際にも、情報収集は必須です。

「脱サラ」なんて人生の分岐点みたいなイベントなので、多少慎重に考える必要があります。

自分が迷い無く判断ができる程度に脱サラについて情報を集めましょう。

・どのようなスキルが必要になのか

・知っておかなければいけない知識はないのか

税金や保険、会社の作り方などサラリーマン時代ではわからないことがたくさん出てきます

実際は成り行きで任せて行けばなんとでもなりますが、あらかじめ理解しておくことはプラスでしかないです。

隙間時間をうまく活用し、準備は進めておきましょう。

生活費をしっかり把握しておく

ズボラな人は全く把握してないのではないでしょうか。

お金管理ができない人は起業に向かないです。

現在どれだけの生活費がかかっていて、今後はどれだけかかるのか把握してください。

ここがわかっていないと、副業で月収これだけって数字があっても独立との辻褄が合わなかったりしてきます。

住居費、食費、光熱費、通信費、交際費、保険料、自動車の維持費など細かく分類してエクセルなどのスプレッドシートにまとめてください。

脱サラする動機や目標を明確にする

これは軸を用意しておけということです。

軸を明確にしておかないと、考えが簡単にブレたり、途中で投げ出したりしてしまいます。

何か問題があった時に原点に戻って考えることが大事なのです。

今後何度も起こる困難を乗り越えるためにも確固たる軸を用意しておきましょう。

スポンサーリンク