できる限りリスク少なくフリーランスを目指す方法7選

フリーランスを目指す

本日は リスク少なくフリーランスを目指す方法 というテーマで話します。

フリーランスって働き方はどんどん浸透していて、

今は珍しくないくらいになってきています。

独立して自由なライフスタイルで仕事もプライベートも充実させたい!

こんな風に思っている人や憧れている人ってたくさんいるんです。

ゆくゆくはフリーランスになりたい!

独立して自分でビジネスがしたい!

仕事とプライベートを自分でコントロールしたい!

こんな人に向けた記事になります。

ですが、会社員を辞めてフリーランスになる、独立をするというのは、大きな決断です。

なのでこの記事では

できる限りリスクを少なくしてフリーランスになる方法というのを提案します。

よければ参考にして頂ければと思います。

こちらの記事は動画でも視聴できます。

ラジオ代わりや作業用BGMとして利用しても構いません。

スポンサーリンク

リスクを少なくしてフリーランスになる方法7選

副業から始める

副業

いきなりフリーランスになるのはリスクが高いです。

まずは副業からスタートしてみましょう!

自分の実力試しができて、あらかじめ足りない部分も把握することができます。

収入がなかったり、仕事がなかったりすると精神的にもきつくなってきます。

精神的にも本業の収入があることで安定し、実績、経験を積むことができます。

この実績や経験やスキルがないとフリーランスは基本的に食べていけません。

なので実績や経験がないまま、いきなり独立すると路頭に迷ってしまいます。

貯金

貯金

心に余裕がないと正しい判断が出来なかったり目先のお金を追っかけてしまいます。

なのである程度の貯金はあった方がいいかなと思います。

目安としては事業費抜きで1年収入が無くても生活はできるくらいが妥当だと思います。

SNSやホームページの育成

SNS

ツイッターやインスタ、YouTubeなどのSNSやホームページは自身の広告媒体として使うことができます。

情報発信することで、新たな出会いや仕事が舞い込んでくる可能性があり、強力な営業ツールになりえます。フリーランスなら利用しない手はないです。

ですが、有名人でもない限り、始めてすぐはフォロワー0なんで基本的には効果がないです。

なので時間がかかるので先に育て始めておくことをおすすめします。

市場調査、動向チェック

確認

どの業種でも同業他社の動向は確認しておく方がいいです。

例えば、

・どのように仕事をしているのか

・どのような作品を作っているのか

・いくらで仕事をしているか

このような最新の情報を知っておき、自分の立ち回り方を考えておくとスムーズに働けます。

ポートフォリオの作成

ポートフォリオ

ポートフォリオとは簡単にいうと実績をアピールする作品集です。

自分のことを知らない人が実績やスキルを確認するためのものです。

独立してから作るのも可能ですが、時間に余裕があるうちに済ましておく方が無難です。

副業で実績を積んで良い仕事が出来たらポートフォリオに追加していけばいいと思います。

社会的信用があるうちにしておく

信用

フリーランスは会社に所属しないので社会的信用が低いです。

ほぼ信用がないくらいに思っておいて大丈夫です。

なのでクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、家を借りたりこういったものは会社員のうちにしておきましょう。

フリーランスで生きていくのであればクレジットカードは無いとめちゃくちゃ不便です。

会社員に戻る選択肢も持つ

サラリーマン

絶対会社員には戻らないぞ!って意気込んでいる人もいますが、

フリーランスになったからといって、二度と会社員に戻れなくなるわけではないんです。

戻る選択肢も片隅にでも置いておくことで気が楽になります。

むしろ一度フリーランスを経験することで、サラリーマン経験だけでは見えていなかったことが見えるようになったりして、仕事の効率が上がったり会社の役に立ちやすくなります。

もちろん会社に重宝される人材になれれば給料や待遇にも影響してくるでしょう。

おすすめ関連記事

【脱サラ 起業】独立に向いている人の特徴4つと向いていない人の特徴3つ

【脱サラ 基準】会社員を辞めるタイミングについて【副業を本業にする】

スポンサーリンク