会社員のうちにやっておくべきこと5選【フリーランス・起業・独立・開業】

会社員のうちにやっておくべきこと

本日は 会社員のうちにやっておくべきこと5選 というテーマで話します。

将来、起業・独立・開業をする考えがある

フリーランスとして生きていきたい

そんな方に向けた記事になります。

この記事を最後まで読んで理解しておくと、

サラリーマンを辞めたあとにやっておけばよかったと後悔することが無くなります。

なにも考えずに勢いで起業してしまうと、後悔することになるので気をつけてください!

それでは話していきます。

こちらの記事は動画でも視聴できます。

ラジオ代わりや作業用BGMとして利用しても構いません。

スポンサーリンク

会社員のうちにやっておくべきこと5選

クレジットカード発行やローンの契約

クレジットカード

脱サラするとしばらくの間、社会的信用度が下がります

これは業績がアップしていくにつれて改善されていきますが、時間がかかります。

しばらく無理だと思ってください。

会社に勤めている間は審査に落ちることはまずないので、

クレジットカードや住宅、車のローンや賃貸マンションの契約など

これらはできる限り脱サラ前に済ましておくことをオススメします。

特にクレジットカードは事業をやる上でほぼ必須なので最低でも2枚は合った方がいいと思います。

技術やノウハウを身につけておく

技術

会社員というのはお金を貰いながらスキルを身に着けれる場所です。

上手くサボろうとしていては勿体ないです。

時間は有限です!しっかり自分を磨いていきましょう!

資格習得に補助金を出してくれる会社とかもあるので、使える制度はどんどん使っておいたらいいと思います。

簡単に思いつくのはこのあたりになります。

・コミュニケーション力を上げる

・ビジネスマナー、メールの書き方など

・よく使うショートカットキーを覚える

・Word、Excel、PowerPoint(常識スキル)

・イラストレーター、フォトショップ、動画編集ソフト、プログラミング、会計ソフト

・その他便利なスキル、自分の必要なスキル

色々なことにチャレンジしておく

会社員というのは会社に守られていて、最終責任は会社になります。

大抵の場合、失敗しても怒られて、ごめんなさいだけで済みます。

なので会社員というのは責任を負わずに経験を積むチャンスなんです。

失敗も成功も大事な経験です!

組織としての桁違いの数字を動かせるのも会社員のうちです!

いっぱいチャレンジしておきましょう!

ちなみに

チャレンジするときは全力で考え、全力で挑むようにしてください!

失敗前提でアタックしていても意味が残らない経験になってしまいます。

人脈(取引先やパートナー)を作っておく

人脈

このイラストの右上の男性のように、人脈を作っておかないと後悔することになります。

サラリーマン時代にできるだけ作っておきましょう。

そして気をつけるべきなのは、繋がっていると思っていても、

大抵の場合、あなたの人柄に繋がっているわけではないということです。

会社と相手が繋がっているという認識が合ってると思います。

会社を辞めても繋がっている人は、信頼もできていて間違いなくあなたと繋がっている人です。

こういった人達との人脈を作っておいてください!

会社の中身について理解しておく

組織図

深く考えずに働いている場合は、

事務員だとしたら、事務員の目でしか

営業マンだとしても営業マンの目でしか会社をみていないと思います。

これでは1点集中のスキルや知識しか身につきません

起業してフリーランスや個人事業主として活動していくのであれば、

営業・経理・人事・業務・戦略など全ての知識が必要です。

起業して初めて勉強して経験していくのではペースも悪く勿体ないです。

会社員でいる間に現場で組織をしっかり意識してみておくようにしましょう。

違う部署の人達と飲みに行ったりしてコミュニケーションをとってみてもいいと思います。

個人的には飲み会は嫌いですが、「戦略的飲み会」は好きです(笑)

見下ろす

社員で働いている間は下から上を見上げている状態ですが、

あなたに必要な知識は上から下を見る部分に多く存在しています。

偉い人の目線を想像して組織を観察することをオススメします!

スポンサーリンク