「安物買いの銭失い」になりやすい4つの行動

安物買いの銭失い

賢い買い物をするための教えとして

「安物買いの銭失い」ということわざがあります。

値段が安いものは品質が悪いので、

修理や買い替えにお金がかかり、結局は高くつくという意味です。

もっと簡単に説明するなら

安い物を買って得したと思ったら、逆に損をする人のことです。

この考え方をしていると貧乏まっしぐらで気づかないまま損してしまいますので、

「安物買いの銭失い」になりやすい4つの行動というテーマで話します。

こちらの記事は動画でも視聴できます。

ラジオ代わりや作業用BGMとして利用しても構いません。

スポンサーリンク

「安物買いの銭失い」になりやすい4つの行動

値段だけで決めてしまう

安い

値段だけで買うかどうか決めてしまうことはよくないです。

もちろん安くても十分役目を果たす商品もあります。

100均の商品が全てダメな商品ではないですよね!

僕もペンや掃除道具などちょっとしたものであれば100均にお世話になります。

ただ100円だと安いと感じやすいですが、

僕がよくいく100均はお菓子やジュースなんかはスーパーの方が安かったりもします。

価格だけで判断するのではなく、

目的と品質が見合っているかをしっかり判断するようにしてください。

安いとどうしても目を奪われてしまいがちですが、

目的と品質が合ってないと無駄になってしまう可能性が高くなります。

判断のコツは

「あれでいい」ではなくて「これがいい」です。

そう思える商品であれば失敗や後悔することは絶対に少ないはずです。

物を大切にしない

物を大事にする

物を大切にしない人も危ない傾向にあります。

高額な物は、誰でも慎重に扱うと思います。

ですが安い物だとどうでしょうか。

その場しのぎで買ったようなものだと大事にしなかったりしませんか?

長く大切に使えるかが物を買う以前に大切なんです。

ものすごく当たり前のことを言うと、物を買うためには、お金が必要です。

そしてお金を得るためには働かなければいけません。

しかもほとんどの人の場合、人生の大半は労働です。

社会人になると、お金を得ることの難しさを知ると思います。

なのに物を大切にしないなんて、矛盾しています。無駄に働いているようなものです。

今目の前にある自分が手に入れた物は、

労働の対価だということを忘れないようにしてください!

いらないものまで買ってしまう

無駄使い

これも結構あると思います。

例えば100均にでかけたとき、目的のものだけで買い物は終了できているでしょうか。

僕は安いお菓子などついつい手が伸びてしまうことがあります。

ちなみに具体的な例だとパイの実が100円だと買っちゃいます(笑)

一番ダメなパターンはすでにあるものを買ってしまうことです。

要するに不要な物です。

洋服なんかは見覚えある人も多いのではないでしょうか。

・買ったのに全然着ていない

・買ったのに全然履いていない

コレクションが趣味なら別ですが、基本的には使わないなら無駄使いになります。

買う時に本当に必要なのかをしっかり考えるようにしましょう。

今後も使う機会が無さそうならメルカリなどで売ってみるのも良いかもしれませんね!

セール品にひっかかる

セール

女性の方は限定物やセール品に弱い傾向にあります。

赤札がついていると、ついつい買ってしまうのは、奥様方のあるあるだと思います。

実際スーパーとかでも手が伸びているのをよく見かけます。

しかし本当にお買い得かどうかが重要です。

考えられるポイントは色々あります。

・他の店では通常価格ではないか

・そもそも通常値段が高値に設定されているだけではないか(セール時でも利益が出る)

・店にとって早く処分したい問題あり商品ではないか(賞味期限短い)

これらを見極める為の技としては、

ネットで品番を検索して価格を確認したり、

お買い得の理由を多方面から考えるクセをつけたりするのが良いと思います。

頻繁に購入するものは商品の通常価格や底値を把握していると、買い時を逃しません。

最後に

安物買いが銭失いになるのは、単に品質が悪いというだけではなく、買い手の心理状態が大きく影響すると思います。

そして気軽に手に入る低価格の商品は、誘惑の塊です。

本当にお得な買い物をするには、

「この価格だから買うのか、この商品だから買うのか」

しっかり考えることが大切といえます。

スポンサーリンク