フリーランスがやってはいけない残念な戦術3つ

フリーランスのダメ戦術

本日は フリーランスがやってはいけない残念な戦術 というテーマで話します。

このチャンネルは誰でもフリーランスという名前でやっているので、

フリーランスの人やフリーランスとして働こうと思っている人が多いと思います。

フリーランスがやってはいけないダメな戦い方というのがあるので、

それを教えたいと思います。

頭の片隅にでも入れておくのとそうでないのとでは、稼げる金額やしんどさが全然違うので知っておきましょう!

まず結論からいうと3つあって、

・安売り

・長時間労働

・好きなことに逃げて利益を出さない

それでは詳しく解説していきたいと思います。

最後には解決方法も提案しますので、しっかり最後まで観て頂ければと思います。

スポンサーリンク

フリーランスがやってはいけないダメ戦術3つ

安売り

安売り

まずは安売りです。

安売りは悪く言えばバカでも思いつく戦い方です。

安く売るというのは利益を減らすってことに直結します。

安く売ってお金を稼ぐなら大量に売るしかないんです。

なので安く売るということは労働コストを上げつつ、収入を減らす行動なんです。

もちろん安く売れば売れやすくはなりますが、

ビジネスとしては根本的解決にはなっていません。

価格競争を起こす原因にもなって、他がさらに単価を下げてくる可能性もあります。

安易に値段を下げることは自分を苦しめるので、戦略的に慎重になって考えなければなりません。

高い値段でもどうやって売るかを考えるのがビジネスといってもいいでしょう。

長時間労働

労働

長時間労働もバカでも思いつく戦い方です。

分かりやすく言えば、

アルバイトで時給1000円でも毎日休まず20時間働けば月60万稼げます。

ですが、めっちゃ疲れますよね。

体は資本なので体調を崩せば稼げなくなりますし、病気になれば治療費もかかります。

悪循環になるんですよね。

雇う側からしても人権費はかかるし、場所コストや様々なコストがかかります。

ダメなフリーランスは先ほどの安売りとセットで長時間労働しがちなので、そのまま廃業していくケースも少なくないです。

好きなことに逃げて利益を出さない

SNS

好きなことをしたいと思うことは凄く素晴らしいことだと思います。

ただ「好きなことする」と「稼ぐ」はまったくの別物です。

YouTubeのキャッチフレーズが「好きなことをして生きていく」ですが、僕から見るとヒカキンもはじめしゃちょーも労働しているようにしか見えません。

あれをみて

「好きなことをして生きていて楽しそうだなぁ」

「私もやってみようかなぁ」

って思っている人は子どもの発想です。

しかもその発想のままフリーランスとして生きるなんて地獄です。最悪の場合、廃業します。

実際、好きなことをして生きている人もほんの一握り存在します。

でも10人いて一人もいないくらいの数だと思います。

わざわざそんな危ない道を渡る必要はないのに、渡りたがるフリーランスが多いのです。

ダメな戦術の解決方法を提案

かんたんに言うと基本的には逆をすればいいんです。

安売りであれば、高利益にすればいいし、

長時間労働であれば、短時間労働です。

それでは解決方法を詳しく話していきます。

高利益

利益

高利益を出すにはどうすればいいのかを提案したいと思います。

フリーランスで高利益を出すためには、主に3つ挙げられます。

・自身のスキルを上げること

・差別化

・無駄な手数料を省く

1つずつ簡単に説明したいと思います。

自身のスキルを上げること

高単価案件を受けるための近道は自身のスキルを上げることです。

これって当たり前なんですが、意外とできる人が少ないので、

できるなら高収入フリーランスになれる可能性を秘めています

スキルと言うと、

・プログラミング

・動画編集

・WEBデザイン

・ライティング

こういったのを想像すると思いますが、他にもあります。

例えば、

・円滑にコミュニケーションが取れる

・納期の速さ

・もっと良い案の提案ができる

こういったスキルもフリーランスで高収入を得るためのスキルになります。

なので日々勉強し経験し成長していくことはかなり重要なので意識していきましょう!

差別化

競わなくてもいいポジションを獲得することも技の一つです。

強敵とわざわざ戦わずに、自分が勝てる領域で戦うような感じです。

この差別化を見つけるポイントとしては、まずはターゲットを明確にすることです。

例えば、ライティングだと、

恋愛コラムに特化した人間になるとか、もっというと浮気に特化した知識をつけるとか、

狭く濃くすることで、広く浅い人に勝ちに行く戦略です。

他の方法だとプラスアルファのやり方です。

WEBサイトのライティング案件でも、画像とかが必要そうであれば、イラストも作成しますよ!とか、そういった感じです。

機能を足したり面倒なことを解決してあげることでプラスアルファの差別化ができます。

無駄な手数料を省く

これも結構大事です。

クラウドソーシングなどで仕事を受けている場合は、手数料がサイト上で発生します。

それを個人でやり取りできるようになれば、手数料分、利益をあげることが可能になります。

なので

良いクライアントが見つかり、2~3度その人から案件をこなしたら、

クラウドソーシングを通さず個人でやり取りができないか営業をかけてください!

短時間労働

ookawa1223IMGL1790_TP_V

短時間労働といってますが、少し間違っています。

正確には労働基準的な働き方をしろ!って意味です。

稼ぐために長いこと働くのはナンセンスです。

先ほども言いましたが、がむしゃらになればバカでも稼げますが、悪循環で身を滅ぼします。

決まった時間内で安定した金額を稼げるように工夫する必要があるんです。

例えば、

週休二日で一日8時間の作業で月20万円を稼ぐためにはどうすればいいのかをひたすら考えるんです。

それを達成するための努力を続けていけば、一人前のフリーランスに近づけると思います。

稼ぐを第一にする

2

好きなことに逃るというのを解決しようとするなら、考え方を改善するしかないと思います。

「好きなことをする」を先に考えるのはやめて

まずは「稼ぐ」ということを第一に考えて仕事をしましょう

安定して生活できるくらい稼げるようになったなら「好きなこと」を追いかけてみたらいいと思います。

目先の好きなことを追って、失敗するより

稼ぎを追って、未来の好きなことをやる方が絶対に成功しやすいし良いと思います。

スポンサーリンク