人間関係を壊してしまう人の残念な特徴3つ

人が離れていく特徴

本日は人間関係を壊してしまう残念な特徴について話します。

・他人が離れていった経験がある方 はもちろん

・そんな経験はないって方も

どちらの人にも知っておいて欲しい大事な話になります。

自分は悪くないのに・・・なんて思ってはいませんか?

実際そういう場合もあると思います。

ですが、大抵の場合はどちらも悪いパターンです。

離れていくということは相手ばかり一方的に悪いわけではなく相手も自分に対して何かしらの不満を感じているわけです。

スポンサーリンク

相手の気持ちを考えられない

まずは相手の気持ちを考えられない人です。

こういう人は自己中心的で、自分がされたら嫌なことを平気で悪気もなくします。

凄く厄介です。

良い関係を築くためには仕事でもプライベートでも相手の立場になって考えることが大事です。

自分の評価をするのは自分ではなく他人です。

なので、自分がされたら嫌なことをしてしまうというのは人が離れるのも当然なんです。

人間関係を保つには多少の気遣いは必要です。

人は気を使ってもらえてないと感じると、自分のことを大切にしてくれていないと判断します。

自分の都合や意見を優先したい気持ちもわかりますが、相手がどう思うかというのは常に考えながら発言、行動するほうがいいです。

どちらかに大きな偏りがあっては人間関係は上手くいかないので、常にウィンウィンの関係を目指してください。

自分は悪くないのに!相手が悪い!と思ったときは、自分で判断するのではなく友人などの第三者に意見を求めてみるのがいいと思います。

その意見を元に相手と相談するなり、自分の行動を変えるなりしてみましょう。

この際に注意して欲しいのは、いい加減な答えを言う人や、公平な判断ができない人を相談役に選ばないようにしてください。

自分にとっての正しさを優先する

正義

自分が正しいと思ったことが正義だと思っている人のことです。

このタイプの人は客観的な正しさで判断することはできません。

マンガに出てくる悪役の特徴に多いですね!

なにが正しいかっていうのは実際人によって全然違います。そこに正解はないです。

なにが重要かというと、お互いが気持ちよく過ごせれるかどうかだと思います。

要するに正しさよりも優しさです。

「俺はこう思うからこうなんだ!」と主張するのは小学生までにしてください。

大人というのは良い関係を築くために思いやり、優しさが必要なんです。

自分にとっての正義を振りかざす人は本当に大切なものを失ってしまいやすいです。

自分基準の正しさを追求するのであれば、一人で生きていく道を進んだ方がいいと思います。他人に迷惑もかかりません。

自分の意見を正当化ばかりしていても悲しいだけです。

折り合いがつかない

折り合いがつかない人というのは、

「俺は正しいのだから、間違っている相手が俺に合わせるべき!」と思っています。

かなり致命的な欠点だと思います。

「黙って離れていく人」とは違って、正直に不満を伝えたり、注意してくれたりする「あなたとの関係を前向きに改善していきたい人」との関係すらも壊してしまいます。

非常に勿体ないデメリットです。

確かに相手が悪い場合もあるでしょう。

ですが、歩み寄る姿勢がどちらか一方に欠けている場合は人間関係は上手くいきません。

人というのは、どちらも歩み寄り、多少の妥協をしながら助け合って生きています。

結局は正しいか正しくないかではなく、一緒にいたいかどうかです。

自己中心的な考えは社会に向いていないので、それでもまだ考えを変えようと思えないなら人と関わるのをやめた方がいいと思います。

スポンサーリンク